不妊治療

 

不妊治療ガイド

赤ちゃんが欲しい・・・・・
でもなかなかできない。
もしかして不妊症かなと思うこともあるでしょう。

 

不妊は女性だけの問題ではありません。男性が原因のこともあるのです。

 

不妊症の治療は夫婦二人が、協力しあうことが大切。
お互いに助け合い、励ましあいながら治療しましょう。

 

当サイトが不妊を治療するため少しでも参考になれば幸いです。

 

 

不妊治療の進歩

現在の不妊治療の進歩は見違えるほど。
一般の不妊治療に加えて、体外受精、顕微授精などの高度な生殖医療の目覚しい進歩によって、
これまで治療法のなかった不妊も、次々と克服できるようになりました。

 

不妊に悩む夫婦は10組に1組ほどですが、その80%が、根気強く治療に励むことで、
妊娠に成功できています。

 

ただ、妊娠可能な年齢もあり、また健康保険の適用も半分以下で、経済的負担も大変です。
不妊解消のためには、不妊に悩む夫婦が、不妊治療について正しい知識を得て、理解し、
不妊専門医による適切な検査と治療が欠かせません。

 

 

不妊症セルフチェック

不妊症は、女性に責任があるように思われていますが、不妊症の半分は男性に原因があります。
避妊していないのに2年たっても妊娠できないときには、一度検査を受けてみるべきでしょう。
健康な夫婦が避妊しない限り1年以内に80%、2年以内では90%が妊娠し、
それ以降の妊娠率は極めて低くなります。
2年たっても妊娠しない場合、不妊と考えてよいでしょう。

 

□不正出血がある
□色やにおいのあるおりものがある
□月経が1週間以上あり、血量も多い
□月経が1~2日で、血量も少ない
□生理痛がひどい
□月経の周期が極端に乱れる
□腹膜炎や性感染症になったことがある
□拒食症、過食症になったことがある
□性交痛がある
□過去に2回以上中絶している
□外陰部のかゆみがいつもある
□おなかがいつも痛い
□貧血がある
□毎日ストレスを感じている
□3ヶ月で5kg以上の体重の変化があった
□流産を3回以上した
□極度の冷え性

 

 

妊娠できずに、こんな症状があれば、不妊専門医に行きましょう。

 

不妊の原因は女性40%、男性40%、両方20%です。
女性だけの問題とは限りませんので、不妊治療は二人揃って受けるのがベストです。