不妊 年齢

年齢と不妊の関係について

年齢不妊の関係について。年齢とともに妊娠する能力が低下します。もし、不妊の兆候がみられたら、早めの受診を。年齢不妊にどのように影響を与えるのか分かりやすく解説しています。

年齢が不妊に与える影響

 
 不妊治療ガイドTop > 年齢と不妊の関係

年齢と不妊の関係
年々、出産時の平均年齢が上昇しています。
晩婚化の影響で、30代の出産もかなり増えてきています。


年齢とともに不妊のリスクも
年齢が高くなるほど、不妊リスクも高くなります。
30才を超えると、毎年3.5%ずつ、妊娠する能力が低下します。
卵巣機能が低下するためですが、特に30代後半からは卵の状態も悪くなり、
妊娠率も急激に悪くなります。

30才を過ぎて結婚した人は、早めに妊娠を計画するのがよいでしょう。
そして万一、不妊の兆候がみられたときは、早めに不妊の専門医に受診しましょう。


年齢とともに不妊症になりやすい病気も増える
30代になると、子宮筋腫、子宮内膜炎症、子宮内膜ポリープ、卵巣腫瘍などの
不妊の要因となる病気が増えてきます。
特に子宮内膜症は、晩婚化の影響が大きく、不妊症の原因として最も問題視されいます。
これらの病気は、気づかないまま妊娠を妨げていることが多いので、早めにチェックしましょう。


不妊治療の平均年齢
現在、不妊治療をする人の平均年齢は34〜35才。
不妊症の治療は、一般不妊治療で2年、高度生殖医療に2〜3年で、5年をめどに治療しますので、
不妊の治療は早い方が良いでしょう。


不妊の原因
不妊症の原因
不妊症の症状
女性の不妊症の兆候
年齢と不妊の関係
妊娠率と年齢・性交頻度・結婚期間の関係
妊娠するための基礎体温

生理トラブルは不妊の一因
肥満は不妊になりやすい
無理なダイエットは不妊症に
中絶が不妊へ与える影響
クラミジアが不妊の原因に
冷え性と不妊の関係
二人目の不妊

女性の不妊の治療
不妊治療の成功率
不妊治療の費用
不妊治療の病院の選び方

不妊治療の検査
子宮卵管造影検査で何ができる
腹腔鏡検査で何ができる
ヒューナーテストで何ができる
ホルモン検査で分かること
卵管通気検査で分かること
内視鏡検査で分かること

排卵障害の原因と治療
卵管障害の原因と治療
着床障害の原因と治療
子宮内膜症の原因と治療
子宮頚管の通過障害の原因と治療
性行為障害の原因と治療
不育症の原因と治療
黄体機能不全の治療
子宮筋腫の手術

人工授精の方法と費用
体外授精の方法と費用
顕微授精の方法と費用

不妊症と漢方薬
妊娠しやすい食べ物
妊娠しやすいセックス

男性の不妊
男性不妊の検査
精子検査で分かること
無精子症の原因と治療
勃起障害の原因と治療
射精障害の原因と治療
尿道鏡検査で分かること

不妊治療の病院
不妊治療の用語集

Copyright (C) 不妊治療ガイド All Rights Reserved