不妊 生理

生理トラブルは不妊の一因となる

生理のトラブルは不妊の一因となります。例えば生理不順は、排卵回数が少ないため妊娠のチャンスが少なくなります。不妊症の元になる生理痛や生理不順などの原因、対策を分かりやすく解説しています。

生理トラブル解消で不妊症治療!

 
 不妊ガイドTop > 生理トラブルは不妊の一因

生理トラブルは不妊の一因
生理不順の場合
生理不順は、卵巣の機能が不全で、うまく排卵が起こっていないということで、
不妊の一因となります。
いつ月経になるか予測もつかない状態で、子供が欲しくても排卵日を探し当てることができないのです。
生理不順の人は、排卵回数が少ないため、妊娠のチャンスが少ないのです。

月経周期が短い人はさらに注意が必要。
卵は通常、2週間かけて成熟しますが、周期が短すぎると卵は成熟せず、
排卵が起こっていない可能性もあります。
こうした場合は放置せず、早めに不妊外来を受診しましょう。

生理不順とはいえ、排卵はありますから、妊娠できる可能性は十分にあります。
医師の指導のもと、排卵日を探す努力をしましょう。


生理が止まってしまった場合
大きなショックを受けたり、ストレスが大きいと生理が止まることがあります。
こういう場合、体力、気力が戻れば、機能はまた回復するかというと、決してそうではありません。
卵巣などは働かない期間が長いと、若くても閉経状態になってしまうこともあります。
生理が止まってしまったら、速やかに手を打つ必要があります。


生理痛の場合
生理痛そのものは、妊娠できないサインではありません。
生理痛が起こるのは卵巣や子宮がきちんと機能している証拠なので、
痛みは不妊につながりません。

生理痛は個人差があり、子宮内膜の剥がれ落ちる面積が広いほど、
生理痛もひどくなると言われています。

ただ、だんだん痛みがひどくなったり、急に痛み出したときは、
子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの可能性もあり、
これらは不妊につながることもありますので、注意しましょう。


不妊の原因
不妊症の原因
不妊症の症状
女性の不妊症の兆候
年齢と不妊の関係
妊娠率と年齢・性交頻度・結婚期間の関係
妊娠するための基礎体温

生理トラブルは不妊の一因
肥満は不妊になりやすい
無理なダイエットは不妊症に
中絶が不妊へ与える影響
クラミジアが不妊の原因に
冷え性と不妊の関係
二人目の不妊

女性の不妊の治療
不妊治療の成功率
不妊治療の費用
不妊治療の病院の選び方

不妊治療の検査
子宮卵管造影検査で何ができる
腹腔鏡検査で何ができる
ヒューナーテストで何ができる
ホルモン検査で分かること
卵管通気検査で分かること
内視鏡検査で分かること

排卵障害の原因と治療
卵管障害の原因と治療
着床障害の原因と治療
子宮内膜症の原因と治療
子宮頚管の通過障害の原因と治療
性行為障害の原因と治療
不育症の原因と治療
黄体機能不全の治療
子宮筋腫の手術

人工授精の方法と費用
体外授精の方法と費用
顕微授精の方法と費用

不妊症と漢方薬
妊娠しやすい食べ物
妊娠しやすいセックス

男性の不妊
男性不妊の検査
精子検査で分かること
無精子症の原因と治療
勃起障害の原因と治療
射精障害の原因と治療
尿道鏡検査で分かること

不妊治療の病院
不妊治療の用語集

Copyright (C) 不妊ガイド All Rights Reserved