不妊 クラミジア

クラジミアは不妊の原因

クラミジア感染症不妊の原因になることがあります。クラミジアが悪化すると卵管を詰まらせたり、子宮などに癒着を起こすことも。クラミジアの症状や不妊症の関連について分かりやすく解説しています。

クラミジアは不妊症をまねく!

 
 不妊ガイドTop > クラミジアが不妊の原因に

クラミジアが不妊の原因に
クラミジアの症状
クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという微生物によって起こる性行為感染症の1種。
感染しても、ほとんど自覚症状がなく、知らないうちに慢性化して、重症の不妊症を招くことになります。

クラミジアはまず膣から子宮頚管へ、そして子宮内膜、卵管、卵巣、腹膜へと上へ上へと登ってきて、
炎症を起こします。

クラミジアの悪化による不妊症
クラミジアによって、炎症を起こした子宮頚管は、頚管粘膜の分泌が悪くなり、
精子の通過を妨害します。
さらに、卵の通り道の卵管を詰まらせ閉塞させたり、腹膜の炎症によって、
卵巣、卵管、子宮の周囲の組織に癒着を起こすこともあります。

こんな状態でも自覚症状がないので、検査をしなければ、
クラミジア感染症であることも分からないままです。

妊娠した場合は、赤ちゃんへのクラミジアの感染を防ぐために、
妊娠したら必ずクラミジア検査を行います。

おりものが増えた、出血があるなど、わずかでも異変を感じたときは、必ず婦人科を受診しましょう。
感染が確認されたら、パートナーも必ず検査しましょう。


不妊の原因
不妊症の原因
不妊症の症状
女性の不妊症の兆候
年齢と不妊の関係
妊娠率と年齢・性交頻度・結婚期間の関係
妊娠するための基礎体温

生理トラブルは不妊の一因
肥満は不妊になりやすい
無理なダイエットは不妊症に
中絶が不妊へ与える影響
クラミジアが不妊の原因に
冷え性と不妊の関係
二人目の不妊

女性の不妊の治療
不妊治療の成功率
不妊治療の費用
不妊治療の病院の選び方

不妊治療の検査
子宮卵管造影検査で何ができる
腹腔鏡検査で何ができる
ヒューナーテストで何ができる
ホルモン検査で分かること
卵管通気検査で分かること
内視鏡検査で分かること

排卵障害の原因と治療
卵管障害の原因と治療
着床障害の原因と治療
子宮内膜症の原因と治療
子宮頚管の通過障害の原因と治療
性行為障害の原因と治療
不育症の原因と治療
黄体機能不全の治療
子宮筋腫の手術

人工授精の方法と費用
体外授精の方法と費用
顕微授精の方法と費用

不妊症と漢方薬
妊娠しやすい食べ物
妊娠しやすいセックス

男性の不妊
男性不妊の検査
精子検査で分かること
無精子症の原因と治療
勃起障害の原因と治療
射精障害の原因と治療
尿道鏡検査で分かること

不妊治療の病院
不妊治療の用語集

Copyright (C) 不妊ガイド All Rights Reserved