クラミジアが不妊の原因に

クラミジア感染症は不妊の原因になります。
クラミジア感染症の症状を理解して、感染しているかなと思ったら、まずは医師に相談してみましょう。

 

 

クラミジアの症状

クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという微生物によって起こる性行為感染症の1種。
感染しても、ほとんど自覚症状がなく、知らないうちに慢性化して、重症の不妊症を招くことになります。

 

クラミジアはまず膣から子宮頚管へ、そして子宮内膜、卵管、卵巣、腹膜へと上へ上へと登ってきて炎症を起こします。

 

 

クラミジアの悪化による不妊症

クラミジアによって、炎症を起こした子宮頚管は、頚管粘膜の分泌が悪くなり、
精子の通過を妨害します。
さらに、卵の通り道の卵管を詰まらせ閉塞させたり、腹膜の炎症によって、
卵巣、卵管、子宮の周囲の組織に癒着を起こすこともあります。

 

こんな状態でも自覚症状がないので、検査をしなければ、
クラミジア感染症であることも分からないままです。

 

妊娠した場合は、赤ちゃんへのクラミジアの感染を防ぐために、
妊娠したら必ずクラミジア検査を行います。

 

おりものが増えた、出血があるなど、わずかでも異変を感じたときは、必ず婦人科を受診しましょう。
感染が確認されたら、パートナーも必ず検査しましょう。