冷え性と不妊の関係

冷え性の人が必ず不妊症になるわけではありません。
ただ、不妊治療を受けている人に冷え性が多いのは事実。

 

冷え性は、「月経異常」、「ホルモン分泌異常」「卵巣・卵管の機能不全」などと影響し合っています。
子宮筋腫や子宮内膜炎・子宮内膜症、黄体機能不全などの着床障害による不妊症、
無月経や希発月経などの排卵障害による不妊症なども、
その原因は冷え性という問題に行きつくことが多いです。

 

 

冷え性が生殖機能を低下させる

冷え性が生殖機能を低下させ、不妊症の原因になっていることが多く、
子宮や卵巣など生殖器のある下半身は、冷えの影響を受けやすいのです。
すると、生理痛、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣脳腫などになりやすくなり、
排卵や着床が正常に行われないこともあります。

 

また冷え性は、血液の循環を悪くします。
血液には、栄養素や酵素、ホルモンなどが含まれていますので、
これらがうまく体の全体に行き渡らなくなり、卵巣機能などの生殖機能の低下を招きます。

 

 

冷え性は妊娠しにくくしていることになります。
冷え性を改善しましょう!