不妊治療の費用

 

不妊治療の費用

少子化の今、子供は欲しいのにできない。
そんな人のためにも不妊治療の費用は安くしてほしいのですが・・・。

 

 

不妊治療が高額なわけ

不妊治療はお金がかかるもの。
高度な治療に進むほど、家計を圧迫することになります。

 

妊娠するための医療は病気ではないので健康保険が適用されないため
不妊治療の医療費は高額になるのです。
不妊専門の病院で、積極的治療に乗り出すと、保険適用外の検査や治療が多くなるために、
どうしても費用がかさんでしまうのです。

 

健康保険適用と適用外

不妊治療の健康保険は、どこまで適用されるかは病院により違う場合が多く、
すべての診療・治療が保険適用外の不妊専門医もありますし、
卵管造影検査・人工授精以外は診察・注射・薬すべてが保険適用の病院もあります。

 

また不妊の原因として子宮内膜症とか卵巣機能不全などの病名がついた場合は、
検査や治療に一部に保険が適用されます。
例えば、子宮筋腫や子宮内膜症をみるための超音波検査は健康保険の適用になったり、
タイミング法の指導などに使う場合は、保険適用外になってしまうこともあります。

 

また病院によって料金差が大きく違い、特に高度な医療になると病院による金額差は歴然です。
国立の大学病院は安く、個人病院だと高いこともよくあります。

 

 

不妊治療の費用

いつ終わるかわからないのが、不妊治療。
費用もピンキリで、長期間、高額医療に挑戦し続ければ、何百万にもなるケースもあります。
高額医療費補助などの補助金が支給されることもありますが、妊娠するまで、
がんばるためにも経費の心づもりはしっかりしておきましょう。

 

 

医療保険への加入

不妊治療をしている女性は、女性特有の病気で入院することが、よくあります。
不妊治療で使用する「排卵誘発剤」などで卵巣が腫れて入院することもあります。
また、いざ妊娠しても不妊治療後の妊娠は不安定なことも多く、入院する場合もあります。
流産などで手術・入院が必要になった場合も、保険に加入していれば安心。

 

また高齢で妊娠した場合は、出産までの間に切迫早産などのトラブルが多く、
入院する必要があるケースもあります。
医療保険への加入をおすすめします。