不妊治療の病院の選び方

不妊治療は一般的に長期間かかります。
価格・近さ・快適さ・技術などさまざまなポイントがあります。
本人にとって何に重点を置いて治療したいかを考えるための参考にしてください。

 

 

不妊症の専門医を探す

同じ婦人科でもガン治療が得意、更年期治療が得意と得意分野が違います。
不妊症は原因も複雑でえ、治療技術も日々進化しているますので、
受診するなら不妊を専門とする医師がいいでしょう。
不妊の専門医を探すには、雑誌やネットを活用しましょう。
ネットでの口コミ情報なども参考にしましょう。

 

 

選んだ病院を確かめる

選んだ病院に電話をしたり、直接見に行って、まず印象を確かめます。
受付の対応や雰囲気を確認。
明るく親切で、病院内も清潔なら、まずはOK。
また治療費のことなどを質問して、きちんとした説明が返ってくる病院は、よいでしょう。

 

 

大病院と開業医のメリット、デメリット

一般的に大学病院や公立病院のほうが設備が整っています。
ただ曜日や時間によって診察してくれる医師が一定しないことや、
診察までの待ち時間が長いことが多いです。

 

一方、開業医では毎回同じ医師にみてもらえるため、
患者の個々の精神面にもおよぶ親身な指導が受けられることが魅力。
設備面では大学病院にはかないませんが、家や職場から近いところを選べる点では大きなメリット。

 

 

病院のチェックポイント

□患者の質問に医師がきちんと答えてくれる
□問診を丁寧に行う
□検査の説明が丁寧
□薬の必要性と副作用を十分説明してくれる
□X線設備や手術の設備が整っている、または他病院と提携している
□男性不妊の治療にも対応できる連携システムがある
□検査や治療の費用をきちんと説明してくれる
□病院内が明るく清潔
□適度に込んでいて評判がよい
□不妊学級などで情報提供をしている