腹腔鏡検査で分かること

腹腔鏡検査は一般の不妊検査には含まれていません。
この検査をすると、子宮内膜症や卵管、卵巣の癒着、閉塞、腫瘍などが疑われるときに、
原因をはっきりさせ、治療内容が明確になるのです。

 

お腹に穴をあける検査ですが、不妊の原因をしっかり見極めることができます。
子宮、卵管、卵巣の状態をじかに見ることができるので、子宮内膜症の診断が確実にできたり、
これまでの検査で発見できなかったピックアップ障害なども見つけることができます。

 

また卵管の詰まっている箇所も正確に分かりますので、治療もピンポイントで行うことができます。
癒着も軽いものならその場で剥がすことができます。

 

原因がはっきりすれば、治療期間を何年も短縮することが可能でしょう。
腹腔鏡検査の後は、妊娠する可能性が高くなります。

 

穴は数ミリ程度なので傷はほとんど残らないはず。
信頼できる医師の勧めなら受けてみる価値はあるでしょう。

 

 

腹腔鏡検査の検査方法

おへその中と両脇腹のしわの間に小さな穴をあけます。おへそからは腹腔鏡を入れ、
脇腹の穴からは治療器具を入れます。
腹腔鏡にはカメラが付いていて、モニターに映し出され、状態を確認できます。
軽い癒着などはそのまま治療することもできます。