ヒューナーテストで分かること

ヒューナーテストとは、女性の子宮頚管粘膜と男性の精子との相性を調べるための検査。
女性側の検査ですが、男性の協力が必要となります。
不妊治療では通常、必ず行う検査です。

 

精子と子宮頚管粘膜の相性が悪いと精子が卵に到達する前に死滅してしまうことになります。
原因としては、女性側に精子に対する抗体ができている場合や頚管粘液不全で、
頚管粘液が十分分泌されていないことが考えられます。
また子宮頚管に炎症があると精子を殺してしまうこともあります。

 

 

ヒューナーテストの検査方法

指定された日に検査します。
予定排卵の前に一度受診し、医師に指示された日にセックスをしたあと、再受診し、
子宮頚管内の精子の状態を検査します。
精子の数が6個以上、運動率が60%以上なら良好と言えます。
ヒューナーテストは、男性の体調によって結果が左右されますので、検査は数回行います。

 

 

抗精子抗体検査

ヒューナーテストの結果が良好でない場合の原因調査のための検査。
頚管粘液が十分分泌されているのに子宮頚管内に精子が見つからない場合、
精子に対するアレルギー反応がある可能性があります。
こうした免疫反応が、女性の体に起きているかどうかを検査するのが抗精子抗体検査です。