ホルモン検査で分かること

排卵障害による不妊には、ホルモンが関与しています。
排卵がうまくいかないということは、ホルモンの流れに問題があるということです。
卵胞期、排卵期、黄体期、それぞれの時期のホルモンの状態を検査することで、
排卵障害の原因を見つけようとするものです。

 

 

卵胞期には卵の成熟させるためのホルモンが分泌されます。
排卵期には黄体ホルモンが十分に分泌されないと、排卵できません。
黄体期には卵の着床と妊娠が継続できる環境を整えるためのホルモンが分泌されます。
それぞれの段階でホルモンの分泌を検査することで、
排卵障害の原因がホルモンにあるのかを調べます。

 

ホルモンの分泌量は血液検査や尿検査で分かります。