卵管障害の原因と治療

不妊の原因のひとつに卵管障害があります。
卵管障害の原因・検査用・治療について理解しましょう。

 

 

卵管障害の診断

卵管は子宮の左右にある管で、卵巣から排卵された卵を取り込み、
膣内から子宮を通って卵管の先端までたどりついた精子と受精させる場所。
さらに、受精卵を子宮に送り込む役割もあります。
しかし、卵管に異常があると、卵と精子が出合えなかったり、
受精できても受精卵が子宮へ到達できなくなります。

 

卵管に障害があるかは、子宮卵管造影検査や卵管通水・通気検査などで、ほとんど分かります。
卵管の軽い詰まりであれば、造影剤を注入するだけで治ることもあります。

 

 

卵管障害の原因

卵管障害の原因として多いのは、クラミジア感染症などの性行為感染症です。
膣から感染して子宮を通り、卵管で炎症すると、狭窄や閉塞を起こしてしまいます。

 

また、子宮内膜症も原因のひとつ。
子宮の内膜組織が卵管にできると、増殖と剥離を繰り返すうちに、
卵管が狭くなったり、詰まったりする原因になります。

 

 

卵管の片側が正常な場合の治療

卵管の片側が詰まっても、もう一方の卵管が正常であれば、まずはタイミング指導で様子を見ます。
この場合、妊娠率を上げるために排卵誘発剤を使うこともあります。
軽い詰まりなら、子宮卵管造影検査や卵管通水検査、
子宮鏡などの精密検査をすることによって、詰まりが治ってしまうこともあります。

 

 

卵管の一方が詰まり、片方が狭い場合の治療

一方が完全に詰まっているのでなければ、卵管形成術という手術を行うこともあります。
手術で卵管が通っても、すぐに妊娠するとは限りません。
年齢に余裕がない場合は、体外受精のほうが早く妊娠に結びつくでしょう。

 

 

卵管の両方が詰まっている場合の治療

両方の卵管が詰まっている場合、治療は体外受精となります。