着床障害の原因と治療

精子と受精した卵は、卵管から子宮へと向かい、子宮内膜に潜り込んで着床します。
着床して初めて妊娠ということになります。

 

 

着床障害の原因

着床障害の主な原因には、子宮にトラブルがある場合、子宮内膜に問題がある場合、
ホルモンに異常がある場合などがあります。

 

 

着床障害の治療
子宮筋腫、子宮腺筋症

子宮筋腫は、子宮の筋層にできる良性の腫瘍。
子宮筋腫は、発生する位置や大きさによって、着床を妨げないこともあります。
子宮内腔に突き出る粘膜下筋腫や大きな筋腫の場合、受精卵の着床を妨げることになるので、
治療する必要があります。
治療は、薬物治療と手術になります。

 

 

子宮内膜ポリープ

子宮内膜がポリープ状に増殖したもの。位置や数によっては受精卵の着床の妨げになります。
治療は子宮鏡をみながら切除します。

 

 

子宮内膜癒着

子宮内膜が癒着を起こし、着床を妨げている状態。
治療は子宮鏡を使って癒着をはがすか、抗生物質の投与。

 

 

子宮奇形

生まれつき子宮の形が正常でない場合。手術をするか、体外受精に切り替えます。

 

 

子宮内膜が薄い

子宮内膜は受精卵の着床に合わせて厚みを増しますが、厚くならないと、着床できません。
原因は卵胞ホルモン不足や子宮内の炎症などによります。
治療はホルモン剤や抗生物質を投与しながらのタイミング指導になります。

 

 

黄体機能不全

通常、排卵後、黄体ホルモンの分泌が活発になって、子宮内膜が厚くなりますが、
黄体ホルモンが十分に分泌されないと子宮内膜は受精卵が着床できるほどまで厚くなりません。
治療は黄体ホルモン剤などを投与しながらタイミング指導を行います。

 

 

子宮内膜増殖症

子宮内膜が厚くなりすぎるのが、子宮内膜増殖症。
厚くなりすぎても、着床を妨げます。
治療には子宮内膜をかき出し様子をみます。

 

 

子宮体ガン

20~40代にも発症することもあります。
初期であれば、ガンの部分をかき出し、抗がん剤や黄体ホルモン投与で
妊娠が可能になる場合もあります。
ほとんどの場合は子宮全摘出になり、妊娠は不可能になります。