子宮内膜症の原因と治療

子宮内膜症は子宮内膜が子宮以外の組織や臓器に増殖してしまう病気。
子宮の筋層や卵巣、骨盤腹膜などに発生し、卵管閉鎖、腹膜との卵管癒着、
卵巣チョコレート嚢胞など不妊の原因となる障害を引き起こします。
治療はホルモン剤や手術による療法となります。

 

 

子宮内膜症の治療
ホルモン療法

子宮内膜症は出産後や閉経期に治ってしまうことが多い病気。
この現象を応用し、ホルモン剤を使い、妊娠や閉経期の状態を
人工的に作り出すことによって治療します。

 

 

偽妊娠療法

ホルモン剤を使い、妊娠の状態を人工的に作り出して治療する方法。
避妊薬の作用で体を妊娠状態にし、病巣組織を萎縮、消滅させます。
この療法は軽症の症状にのみ有効です。

 

 

ダゾナール・ブセレリン療法

薬によってホルモンの分泌を抑え、子宮内膜が増殖するのを止めます。
早期の子宮内膜症にのみ有効で、効果がない場合は手術になります。

 

 

子宮内膜症の手術

ホルモン療法で効き目がない場合は、手術になります。
簡単なものは内視鏡を使って行いますが、癒着の程度によっては開腹手術になります。
普段の生活で腹痛が強烈であったり、癒着が複雑に発生した重症の場合は
子宮を全部とってしまうことになります。