子宮頚管の通過障害の原因と治療

排卵日のころになると、通常は頚管粘液が活発に分泌され、
精子が子宮頚管を通過しやすい状態になります。
しかし、頚管粘液の分泌が十分っでないと、精子が子宮頚管を通過できず、
不妊の原因となります。

 

また、精子をはばむ抗体が女性にある場合、膣へ放出された精子の動きを悪くし、
子宮頚管を通過する障害になることがあります。

 

 

子宮頚管の通過障害の検査

ヒューナーテストと抗精子抗体検査によって診断できます。

 

 

子宮頚管の通過障害の治療
頚管粘液が少ない

原因として卵胞ホルモン不足か頚管粘液を分泌する組織がダメージを
受けていることが考えられます。
卵胞ホルモンが不足しているなら、ホルモン剤で不足を補います。
炎症を起こしている場合は、抗生物質で治療します。

 

 

抗精子抗体がある

程度が軽ければタイミング指導で様子をみます。
タイミング指導で効果がみられなかった場合、人工授精、体外受精へと進みます。