性行為障害の原因と治療

セックスを子供をつくる行為と限定すれば、
妊娠の成立のために求められる条件の一つには、
十分な量の精子が膣の奥深くに放出されること。
もう一つは頚管粘液が十分分泌されていて精子が子宮へ入っていけること。
セックスが、痛みが伴ってつらい、または嫌悪感があり、
うまくできないことを性行為障害といいます。

 

 

セックスの痛みによる性行為障害

セックスで痛みを感じるとき、これを単なる摩擦のためと思っている人もいますが、
膣の奥がつるように痛んだり、下腹部に突き上げられるような痛みがあるときは
性器の病気が疑われます。
原因としてまず考えられるのは、先天的な膣の異常。
普通は必要に応じて柔らかく広がる器官ですが、生まれつき膣の粘膜が非常に硬かったり、
膣の内側が狭く、セックスに支障をきたす人もいます。
外性器の病気では、外陰炎、パルトリン腺嚢腫、膣嚢腫など。
内性器の病気では子宮内膜症や慢性骨盤内感染、子宮後屈、卵巣下垂などのために
痛みを感じることがあります。

 

 

精神的な性行為障害

心のどこかにセックスへの嫌悪感、男性不信などがあると、セックスはうまくいきません。
性交痛以外にも膣けいれんや性欲のない冷感症などを引き起こしてしまいます。
心因性のストレスが障害になっている場合は、心のカウンセリングを受けるのがよいでしょう。