内視鏡検査で分かること

体内に内視鏡を挿入して、子宮、卵管、卵巣の様子を調べる検査。
内視鏡というのは胃カメラのようなもので、小さな鏡がついた管。
これによって大きな開腹手術をすることなく、卵巣の病気や異常、卵管の癒着、
子宮筋腫などの状態を細かく確認することができます。

 

特に癒着があったり、卵管通過障害がはっきりしない場合、
手術をするかどうかの判断がつかないときにこの方法が有効です。

 

 

内視鏡検査の方法

膣内から挿入する方法(膣鏡検査)と腹に穴をあけて挿入する方法(腹腔鏡検査)があります。
癒着などがあって膣鏡検査ができない場合、腹腔鏡検査となります。