黄体機能不全 治療

黄体機能不全の原因と治療について

黄体機能不全原因治療について。着床障害の原因はさまざまですが、黄体ホルモン不全には機能療法がとられます。黄体機能不全治療について分かりやすく解説しています。

黄体機能不全の原因と治療を理解しよう!

 
 不妊治療ガイドTop > 黄体機能不全の治療

黄体機能不全の治療
せっかく受精しても受精卵が育つ子宮内膜の環境が悪くては妊娠できません。
着床障害の原因は様々ですが、黄体機能不全には機能療法が用いられます。

着床障害の原因で多いのが黄体機能不全による内膜障害。
黄体とは排卵時まで卵子を包んでいる卵胞のことで、排卵で抜け殻になった後も
消滅せずに黄体ホルモンを分泌します。
しかし、黄体の働きが悪いと黄体ホルモンが低下し、内膜の環境は整えられません。

黄体機能不全はホルモン療法で治療
治療はホルモン療法がとられます。
2種類の卵巣ホルモンを補うカウフマン療法というものが用いられるのが一般的ですが、
内膜の成熟が遅いときには卵胞ホルモンを補う治療法がとられることがあります。

他に、排卵誘発法で卵胞を育てて黄体の働きを整える療法などがあります。
治療効果を見るには3ヶ月以上は観察する必要があります。


内膜の機能低下があるときはビタミン療法を併用
子宮内膜の機能低下がひとくホルモン療法にうまく反応しないときなどには、
ホルモン剤の効果を高めるビタミンCやEを併用することもあります。


不妊の原因
不妊症の原因
不妊症の症状
女性の不妊症の兆候
年齢と不妊の関係
妊娠率と年齢・性交頻度・結婚期間の関係
妊娠するための基礎体温

生理トラブルは不妊の一因
肥満は不妊になりやすい
無理なダイエットは不妊症に
中絶が不妊へ与える影響
クラミジアが不妊の原因に
冷え性と不妊の関係
二人目の不妊

女性の不妊の治療
不妊治療の成功率
不妊治療の費用
不妊治療の病院の選び方

不妊治療の検査
子宮卵管造影検査で何ができる
腹腔鏡検査で何ができる
ヒューナーテストで何ができる
ホルモン検査で分かること
卵管通気検査で分かること
内視鏡検査で分かること

排卵障害の原因と治療
卵管障害の原因と治療
着床障害の原因と治療
子宮内膜症の原因と治療
子宮頚管の通過障害の原因と治療
性行為障害の原因と治療
不育症の原因と治療
黄体機能不全の治療
子宮筋腫の手術

人工授精の方法と費用
体外授精の方法と費用
顕微授精の方法と費用

不妊症と漢方薬
妊娠しやすい食べ物
妊娠しやすいセックス

男性の不妊
男性不妊の検査
精子検査で分かること
無精子症の原因と治療
勃起障害の原因と治療
射精障害の原因と治療
尿道鏡検査で分かること

不妊治療の病院
不妊治療の用語集

Copyright (C) 不妊治療ガイド All Rights Reserved