不妊症と漢方薬

 

不妊症と漢方薬

男女とも不妊症に漢方薬が効くことは知られていますが、誤って使えば治療しているつもりが、
逆に悪化させてしまいます。必ず専門家の指導の元で使用しましょう。

 

漢方薬療法で大切なのは、全身的な状態を知るとともに、体質や体つきなど、
その人個人に合った処方で治療することです。

 

 

漢方薬の決め方

漢方医療の基本になるのは「虚証」と「実証」と言い、虚証というのは体力がなく、
やせ型で冷え性や貧血があるタイプ。実証とは逆に体力がありがっしりした体つきで血色がよく、
血圧が高いタイプ。
また、病気によって気、血、水といった分け方をして、漢方薬を決めていきます。

 

そのため、人が効いたという薬が自分に合うとは決して言い切れません。
漢方療法を取り入れている医師や漢方医、漢方薬局の専門家に相談したうえで
決めるようにしましょう。

 

 

病院でも漢方療法が普及

大学病院や総合病院、開業医などで漢方療法を用いるところが増えています。
漢方薬の効果が認められ、長期間服用しても副作用が少ないという点が評価されているからです。
西洋と東洋の医療をうまく組み合わせて活用してみましょう。

 

 

不妊症に効果のある漢方薬

漢方薬は特に機能性不妊、黄体機能不全、月経異常、肥満症、精子減少症、精力増進などに
効果があります。

 

 

男性不妊症に

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、大柴胡湯(だいさいことう)、
桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしこかりゅうこつぼれいとう)、八味地黄丸(はちみじおうがん)などがあります。

 

 

女性不妊症に

体力低下、黄体機能不全、排卵障害などが見られる虚証タイプには
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が使われることが多いです。
顔のほてり、足腰の冷え、便秘、月経過多の症状がある実証タイプの方には、
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を、骨格ががっちりし、顔色は赤黒く、
便秘気味で月経困難症がある実証タイプの方には、
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などが処方されます。

 

ほかに、加味逍遙散(かみしょうようさん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)、
芍薬甘草湯(しゃくたくかんぞうとう)、排卵湯(はいらんとう)、四物湯(しもつとう)、
折衝飲(せつしょういん)などが使われます。