妊娠しやすい 食べ物

妊娠しやすい食べ物について

妊娠しやすい食べ物について。女性の排卵機能アップや男性の精子障害、精力減退を改善するための食べ物を夫婦そろって工夫しましょう。妊娠しやすい食べ物について分かりやすく解説しています。

妊娠しやすい食べ物を理解しよう!

 
 不妊治療ガイドTop > 妊娠しやすい食べ物

妊娠しやすい食べ物

男女に必要な栄養素
精子障害や精力減退などには、ビタミンA、B、Eや必須アミノ酸が効果を発揮します。
これらは精子生成に欠くことができない栄養素。
特にビタミンEは精子製造にもっとも重要なビタミンです。
普段の食事やサプリメントなどで積極的に摂取しましょう。

またこれらは、女性の排卵機能をアップし、感染に強い健康な体をつくります。

各栄養素が含まれる食品
ビタミンA
うなぎ、牛や豚のレバー、鶏卵黄、うに、小松菜、ほうれん草、にら、しその葉、海藻類、抹茶など

ビタミンB
うなぎ、牛や豚の生レバー、肉類、うずら卵、ベーコン、大豆、大豆製品、しいたけなど

ビタミンE
米、小麦などの穀類、胚芽油、小松菜、ほうれん草、にんじん、大豆、小豆、落花生、ゴマなど。

必須アミノ酸
たんぱく質を形成する成分。大豆に多く含まれます。

精力をアップする食品
まむし、すっぽん、蜂の子、いなご、山芋、にんにく、ねぎ、朝鮮人参、マカ、とろろ昆布など。


バランスの良い食事を
上記のようなビタミンA、B、Eや必須アミノ酸などが含まれた食べ物を
まんべんなく摂取するようにしましょう。
これらは成人病を防ぐにも有効な食品でもあります。
栄養バランスのよい食事を1日3食を規則正しく、楽しく食べることで食生活のリズムで、
体をつくり、不妊症を効率よく克服していきましょう。


偏食は不妊の元
偏食が多いというのが、不妊症を引き起こす要素になっています。
ただ、嫌いな食べ物を無理して食べても、ストレスになり、体に悪影響を与えることになります。
医師に相談してサプリメントを活用したり、食べられる食品から必要な栄養素を
取り入れるようにしましょう。


不妊の原因
不妊症の原因
不妊症の症状
女性の不妊症の兆候
年齢と不妊の関係
妊娠率と年齢・性交頻度・結婚期間の関係
妊娠するための基礎体温

生理トラブルは不妊の一因
肥満は不妊になりやすい
無理なダイエットは不妊症に
中絶が不妊へ与える影響
クラミジアが不妊の原因に
冷え性と不妊の関係
二人目の不妊

女性の不妊の治療
不妊治療の成功率
不妊治療の費用
不妊治療の病院の選び方

不妊治療の検査
子宮卵管造影検査で何ができる
腹腔鏡検査で何ができる
ヒューナーテストで何ができる
ホルモン検査で分かること
卵管通気検査で分かること
内視鏡検査で分かること

排卵障害の原因と治療
卵管障害の原因と治療
着床障害の原因と治療
子宮内膜症の原因と治療
子宮頚管の通過障害の原因と治療
性行為障害の原因と治療
不育症の原因と治療
黄体機能不全の治療
子宮筋腫の手術

人工授精の方法と費用
体外授精の方法と費用
顕微授精の方法と費用

不妊症と漢方薬
妊娠しやすい食べ物
妊娠しやすいセックス

男性の不妊
男性不妊の検査
精子検査で分かること
無精子症の原因と治療
勃起障害の原因と治療
射精障害の原因と治療
尿道鏡検査で分かること

不妊治療の病院
不妊治療の用語集

Copyright (C) 不妊治療ガイド All Rights Reserved