ミノキシジルとは

 

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、1980年代にアメリカの製薬会社アップジョン社(現ファイザー)によって開発され、世界で初めて認可された脱毛症の治療薬。

 

元々、ミノキシジルは、血管を拡張し、血圧を下げる効果のある薬として、1970年代からアメリカで使われていた薬のひとつでした。
ところが、ミノキシジルの副作用で多毛症になる人が多かったことがヒントとなって研究が進み、脱毛症に効果があるということがわかったのです。

 

ミノキシジルは脱毛抑制のプロぺシアとは異なり、直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める働きをします。

 

ミノキシジルを使った製品

1980年代、米国の『アップジョン社(現ファイザー社)』によって2%濃度の発毛剤『ロゲイン』として販売されました。
ロゲインを皮切りに、現在までにさまざまなミノキシジル系発毛剤が開発されています。

 

現在ではリキッドタイプのほかに経口タイプのものもあります。
リキッドタイプには「ロゲイン」、「リゲイン」、「ヘッドウェイ」、「ポラリス」、「カークランド」などの商品がで発売されていて、ミノキシジルの濃度は2%から16%です。
日本では『リアップ』が代表的なミノキシジル医薬品。

 

経口タイプ(飲む錠剤)には、「ロテニン」、「ミノキシジルタブレット」、「ロニタブ」などがあります。

 

錠剤タイプの評価

ミノキシジルタブレットは、ロニテンのジェネリック薬。
有効成分ミノキシジルの経口薬(飲む錠剤タイプのミノキシジル)で頭頂部や生え際の発毛に効果を発揮する育毛剤です。
AGA(男性型脱毛症)の正式な治療薬ではないといえ、外用の育毛剤に比べて発毛効果が高く、人気はに高くなっています。