ミノキシジルの初期脱毛

 

ミノキシジルの初期脱毛

「ミノキシジルを使い始めたら逆に抜け毛が増えた」という人がいます。
この症状はミノキシジル使用開始後、1〜2ヶ月くらいに起こり、『初期脱毛』と呼ばれています。

 

初期脱毛の症状

初期脱毛はミノキシジルを服用後、3.4週間目から約7〜10日間程抜け毛の量が増える現象をさします。

 

ミノキシジルを服用して、間もなく抜け毛が増えるので、ほとんどの人が驚いて、薬が自分に合わないと思い薬の使用を止めてしまう人もいます。

 

毛髪の抜け方も髪の密度が一気に減るような脱毛ではなく、微妙に抜け毛が増えたかなと思う程度で、長くても10日間程でおさまることが通常です。
主に産毛状の髪の毛が沢山抜けていく現象で、一日に100本抜けていたのが130本になる程度であると言われていますが、人によってはもっと沢山抜けてしまうこともあります。

 

健康な頭皮の人でも一日に100本程度は抜け毛がありますので、あまり心配しすぎるのもストレスとなりよくないでしょう。

 

初期脱毛が終わると見違えるほどに髪の毛が生えてくることも珍しくありませんので、抜け毛が増えたからといってすぐに使用を中止しない方が良いでしょう。

 

初期脱毛はミノキシジル使用者全員に起きるわけではありません。

 

初期脱毛の理由

個人差があますが、産毛状の毛が抜けたり生えたりしながら、普通の強い毛になっていくと言われています。

 

ミノキシジルの初期脱毛に関しては諸説ありますが、ヘアサイクル(毛周期)の退行期に差し掛かっている毛髪が、新しい毛髪の生成準備のために抜けると言われています。

 

初期脱毛があるの人は、新しい毛髪を生成する準備が出来ているということなので、初期脱毛がない人よりも発毛の効果がより期待できます。

 

 

ミノキシジル服用による初期脱毛は、生え替わりにともなう一時的な抜け毛ということになり、ミノキシジルが確かに効いていることの証拠であるとも言えます。

 

ミノキシジルを服用後、抜け毛が一時的に増えたとしても、育毛への過渡期である可能性があるので、しばらくは服用をやめず、様子を見ることをおすすめします。

 

注意が必要な初期脱毛

初期脱毛が起こる期間は長くても10日間程度と言われており、それ以上の期間、脱毛症状が続くようなら、ミノキシジルによる異常が考えられますので医師への相談が必要です。

 

また通常の初期脱毛は、微妙に抜け毛が増える程度の脱毛です。
髪の密度が一気に減るような激しい脱毛の場合は、異常脱毛の可能性があるので医師に相談しましょう。