ミノキシジルの生え際の効果

 

ミノキシジルの生え際の効果

生え際の発毛が困難な理由

代表的な男性型脱毛症の症状のひとつに、生え際の後退があります。

 

額のそりこみの部分が徐々に後退し、正面から見るとアルファベットのMの形に見えるため、『M字型』とも呼ばれています。
このM字型は他の脱毛症状に比べ、特に改善が困難と言われています。

 

 

生え際は薄毛の最大原因と言われるDHTという男性ホルモンの影響を最も受けやすい性質があり、男性ホルモンが最も多く存在している部分なのです。

 

生え際の育毛法としては、このDHTを抑制することが最も重要な対策となります。
これは頭頂部においても同じことがなのですが、DHT抑制のための育毛剤や育毛サプリメントを利用しても、頭頂部の薄毛は改善しても、生え際は改善しない人が多いのです。

 

科学的に解明されていないこともあり、生え際の発毛は非常に難しいのが実態です。
特に、抜けてから長期間経過している場合には、さらに薄毛治療が難しいので、前髪が薄くなってきた場合には早急な対処が必要です。

 

ミノキシジルによる生え際の発毛効果

ミノキシジルを使用しても生え際の薄毛には、あまり効果が期待できないと言われています。
これはミノキシジルに限ったことではなく、その他の育毛剤にもいえることです。

 

アメリカ食品医薬品局(FDA)に初めて認可された育毛剤「ミノキシジル」でさえ、生え際への発毛は保証されていません。

 

一方、プロペシアは一応生え際やM字の薄毛にも効果があるとされています。
しかし、すでに薄毛が進行しきっている場合やすでに全く生えていない部分からの発毛となると、プロペシア(フィンペシア)でもほとんど効果が期待できないようです。

 

生え際に効果が期待される発毛剤

同じ男性型脱毛症でも、頭頂部の薄毛は改善しやすいですが、生え際に効く育毛剤や発毛剤というものはほとんどないと言われている中、現在、もっとも生え際の薄毛にも効果が期待できるとして人気があるのが、外用タイプのポラリスNR-09と内服タイプのミノキシジルタブレット。
併用すれば、より効果的。

 

ポラリスNR-09

ポラリスNR-09はリアップやロゲインと同様に頭皮に直接塗るタイプの薬ですが、ミノキシジルの配合の割合が、ロゲインは2%または5%の濃度であるのに対し、15%という高濃度配合を実現した発毛剤です。

 

ポラリスNR-09は、ロゲインでは生えにくいとされる生え際にも効果が期待できます。
ポラリスNR-09[ミノキシジル15%]

 

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは、飲むタイプのミノキシジル系発毛剤です。

 

ロゲインやザンドロックスなどの外用薬とは異なり、直接体内にミノキシジルを取り込むことにより、外用タイプより効果や即効性が高く、より強い発毛効果を期待できます。

 

リアップなどの外用タイプのミノキシジルで思うような効果が出なかった人でもミノキシジルタブレットで高い効果を得る人もいます。

 

その効果は強力ですが、副作用のリスクも高いため、注意が必要です。
ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg